キズや凹みは修理しておくべき?【車高く売る@なび】

車を高く売るにはキズや凹みは直しておきべき?

車のキズ

 

Q.車を高く売るにはキズや凹みは直しておきべき?

 

A.車両保険に加入されていて、免責金額との兼ね合いでまかなえるのであれば、修理しておくといいと思います。

 

そうでない場合は、普通に街中を今まで走ってこれたキズや凹みなら、車を売る前に修理までしなくてもいいと思います。

 

街中を走るには恥ずかしいくらいのキズや凹なら、すでに修理をされていることでしょう。

 

確かに、キズや凹があると車を売る際の査定ではマイナスポイントが付きます。でもそれは修理して綺麗な状態で店頭にならべられます。

 

中古車販売店は自社で修理工場をもっているか、そうでなくても板金屋など長い付き合いのある業者があります。ですので、修理にかかる費用も、個人で修理に出すよりも安くできるのです。

 

個人で修理業者を探してキズを治すと一般価格で修理されるので 

 

自分で修理に出す費用 > 業者が修理にかける費用 = 査定のマイナス金額

 

となるわけです。

 

つまり、査定でマイナスされる金額よりも、自分で修理にかける金の方が高くなってしまう、と言う事です。

 

じゃあ、自分でコンパウンドで磨いて修理しよう!というのはNGです。

 

素人が磨いて綺麗になるのであれば、プロはもっときれいに治しますし、逆にキズを広げたりしてしまう可能性が高いです。プロの目で見れば、すぐにわかってしまいます。

 

買取業者の査定を受ける時に「このキズがなければいくらになりますか?」と言ってマイナス金額を把握して、修理業者に「このキズを治すのにいくらかかりますか?」と見積を取るのも一つの方法だと思います。

 

車の売却を考えだしたら、まずは愛車の今の査定相場を知ることが大切です。こちらで簡単な入力ですぐに査定相場を知ることが出来ます。

 

無料ですし、すぐに分かりますので一度試して見られたらいかがでしょうか。
かんたん車査定ガイド

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ